jaz3216のsimpleBlog

写真が溜まれば気ままに書いてみよう

小遣い支給日と買い物

井上ひさし流、笑える部分で独り言ちするナルシスト的表現力でBlogをスタート。

犯罪者の危険な匂いのする、「住所不定無職」ではないけれど、

病後、汗や涙を流す労働から解放され、現場から遠ざかり無給となって久しい。

恥ずかしながら? 🤣
この10年自宅で乞食(こつじき)の「無銭飲食」の体を晒していることになる。

昨年末、「お節」や「樫本大進コンサート」の物入りの年の瀬の影響で、
「金欠病」という懐の寂しさからついねだって1日早い14日に小遣いをもらった。

自虐じゃないけど、50年働いたというのに、
頭を下げて「おねだり」とはまるで乞食のような生活ではないか?

金財布から万札を空にしておくのは、貧乏たらしくチョッピリだけ耐えられない。

貯金好きの自分には財布が寂しそうに泣いているようで悲しい。

いつもは、毎月15日に、
ささやかな年金支給額からゆう子の特別配慮のある小遣いをもらう。

考えてみると、毎月一回の小遣いだけでなく、
1日3回のお産丼(おさんどん)の食事がたとえ手抜き料理であっても、
黙って目の前に支給されているわけで、

住所不定無職の無銭飲食どころか、
ありがたい事に大名・貴族並みの特別待遇を受けている。

別段、料理献立を乏しい自分の脳みそを駆使して考えるわけではない。

そういう事になると、自分の小遣いの自由になる金の使い道は極ごく限定される。

「おやつ」が中心となれば、かえって侘しく、健康長寿に全然建設的じゃない。

実はこの上の二葉は、14日を遡ること5日前の9日に、
ゆう子がバナナと一緒に買ってきてくれたものであり、落ち穂拾いに近い。

その日の「ビッグハウス」での買い物ではアッシーに徹し、
金欠真っ最中のボクの懐は痛んでいなかった。

加藤さん宅まで来ると、加藤さんが元気よく自宅前で除雪していた。

新年の挨拶をした。

彼は音沙汰のないボクが「入院していると思っていた」と言っていた。

気になりながらも連絡を取り合わなかった二人。お互い様ですよね。


14日は快晴。

9時半過ぎに
ゆう子を鉄道林の陰で陽が当たらずテカテカ通りになって、
道路がICE BURRNの大麻駅まで送り届けた。

その足で、真っ直ぐ「フードD」に出かけて買い物をした。

よろけるのでキャリーを押しながら、相変わらず無作為に衝動買いをした。

2000円内の予算と頭で決めていたけど、暗算するわけでもなくaboutだった。

フードDに来ると「串レバー」を必ず買うのだけどレバーだけまだ並んでない。

残念だったが、
これに伊藤園の「濃い茶」、
小粒で甘く皮が溶ける「愛媛みかん」(これがバカにならず500円越えの高額)、
「6pチーズ」やソーセージなども細々と購入したので、

2000円の予算をオーバーして、痩せた肩骨に食い込むほど重たく、
車庫から玄関までは何とか運び込んだが、
二階の居間までの階段上りはちひろに声をかけ運び上げてもらった。

そんなこんなあんな、
現段階の実存で自虐表現を借りて表現すると、
「買い物に出かけるしか能の無い存在」だが、

幹子さんから送られてくる『レタスクラブ』という料理本がなかなか良い。

見応え、読み応え、つい引き込まれて貪ってしまうくらいだ。

作る料理をしっかり決め、計画的にメモり📝、
そこを理性的かつ合理的に、貪る対象の食材を買う習慣を身に付けたいもの。


さてさて、退屈しのぎに、隙間時間に埋没しながら、
ともきの愉快な写真アプリを発見して遊んだ。

イタズラしているうちにともきが使ったであろうアプリにぶち当たったのだ。

自分としてはナルシストではないけれど、
気にいってる【skinhead】である。

花言葉【自惚れ】【自己愛】の水仙ではないが記念となる写真を残しておきたい。

まるで水仙花言葉の心境で、そんな気がした。

いつも2ヶ月も3ヶ月も髪をのび放題にして、
眼球が落ち窪んだ「癌顔」や「無精顔」が嫌で、
鏡などついぞ真剣にのぞきこむようなことはしなくなっていた。

それが、2、3日で気になり頭にシェイバーを当てるようになると、
久しぶりにオシャレの感性が甦り、
トイレに行くたびに洗面所の鏡を頻繁に繁々と覗き見ている。

この復活の良し悪しはまだ判別は付かぬが、オシャレがファッションにまで蘇ると、

ゆう子に誘いの言葉をかけられた「UNIQLO」に気軽に出かけることができそう。

そんなUNIQLOの店に立ち、商品を探す日が近日中に誕生するかもしれない。

ただし、

 【京の着倒れ】
 【大阪の食い倒れ】
 【江戸の飲み倒れ】
 【神戸の履き倒れ】
 【奈良の寝倒れ】

と、ことわざでは言うようだが

【奈良の建て倒れ】というのもあり、古都の修復に金をかけるらしい。

そんな中自分には、

UNIQLO」、【京の着倒れ】よりも

そして、【大阪の食い倒れ】よりも

のんびりし過ぎて稼ぐことをせず小遣いのみで生きるということで、
【奈良の寝倒れ】が一番「性」に合っているかも。

【寝倒れる】とオチがいいところで
お寝みなさい🌙

面白い、楽しめる。