jaz3216のsimpleBlog

写真が溜まれば気ままに書いてみよう

オリンピックイヤー

今日で 2012年も半年を終える
明日から7月


妻 ゆう子はアメリカへ脱出し
6/30は 丸一日 New Yorkの市内観光とシャレている


午前中が
Ground Zero
国連ビル
Central Park
自由の女神(マンハッタン ハーバークルーズで)


午後から
メトロポリタン美術館
マンハッタンの自由散策
そして夜
ブロードウェイのミュージカル鑑賞 となっている


ボクと末娘のチヒロは 大麻で留守番 ということ・・・
その大麻関連で
知らなかったとはいえ とてつもない記事が飛び込んできた


「広報えべつ」の7月号が
町内の班長さんによって 各戸に配布されたこの日
その表紙を見てビックリした



何と ロンドンオリンピック
十種競技の日本代表の「右代啓祐」選手が大麻出身であるという
そんな事知らないで 応援していた


オリンピックイヤーの今年
7/27に開会式が行われ
8/12までの17日間 ロンドンで開催される


この 第30回オリンピック競技大会 に
十種競技の代表として選ばれた 右代啓祐選手は
江別市大麻出身者であり
江別市のオリンピック代表は 史上初めての快挙であるという


ボクの住んでいる大麻園町の校区は
小學校が「大麻東小學校」で 中学校が「大麻東中学校」である
しかし 彼は小學校が隣の校区の「大麻泉小學校」で
中学は「大麻東中学校」であったという


高校が「札幌第一高等学校
大学が「国士舘大学
現在は 同大学院に籍を置き スズキ浜松アスリートクラブ所属
という 略歴である



アンテナの高低の問題ではない
ふだんの町内の世間話に出てくる話題ではない


オリンピック代表選手に選ばれた時
全国紙に江別出身と載っていて 見逃したのかもしれないが
得意の口癖 「それにしても・・・」 である


何年か前から 日本陸上選手権大会の十種競技では
8000点超のトップアスリートで 名前も覚えて応援していた
しかし同じ町 大麻の出身だとは知らなかった


ノーベル賞鈴木章博士も大麻だったが
オリンピック代表の右代啓祐選手も大麻と・・・
わが事 のようにうれしいものだ


オリンピックでの陸上競技は 8/3から始まり
十種競技は 8/8 と 8/9 の 2日間で競われるという


男子十種競技では
日本人オリンピック代表出場は 48年ぶりとのこと
(東京オリンピックでの鈴木章介選手 15位だった)
その快挙に もちろん心を込めて 応援したい


「頑張れ!! ニッポン!!」
「頑張れ!! 右代啓祐!!」


ふと 今思い出して
2006年度の教務手帳を引っ張りだしてみた
この年 札幌啓成高校へ時間講師で行っている時
そこの先生に頼まれて
卒業寸前(2007年3月)の 札幌第一高校3年生に
「世界史」の単位を授けるべく 助っ人授業に行ったのだった


特進クラスで 第一高校のエリート集団だったのだが
(合格校を聞くと 北大や大阪大学など多彩だった)
彼 「右代」 の名前はない
1986年生まれの 現在25歳
計算上では その時20歳で すでに卒業していた年だった
残念・・・教えてみたかった・・・


そして もう一つ 今思えば・・・ の話だが
4年前の2008年の北京オリンピックの記録や結果は
恵佑会札幌病院のベッドの中で



(手術後の 集中・終末治療室で 輸血用血液(製剤) 酸素吸入器も
この時 手術直後のほうが まだ痩せていず ニコニコして元気だった?)


新聞で読み
テレビ(は 余り見る気力もなかったが)を見ていたのだった
あれから4年か・・・早いものだ・・・


今日のビッグニュースで
ジャマイカの オリンピック代表選考陸上大会で
あの ボルト選手がスタートで出遅れ 100メートルで敗れる 波乱も


北京大会に次ぐロンドン大会からも
世界記録樹立の限界に挑戦する 選手たちから目が離せない
夏の熱い闘いになる


右代選手よ 世界のアスリートたちに 負けるな!!